ダイエットは永遠の課題!あなたはしっかりとダイエットできていますか??それをサポートしてくれるのが「酵素」かもしれませんよ!

ダイエット中におすすめな朝ごはんメニュー

食事

ダイエット中におすすめな朝ごはんは、和食の場合には焼き魚を主菜にするメニューがおすすめです。

低脂肪で高タンパクな鮭の切り身を焼き魚にして、副菜として野菜の和え物を添えます。

香の物には根菜の糠漬けを添えると、食物繊維や乳酸菌の量が非常に多くなります。

 

和食

和食の朝ご飯には、具材が豊富な味噌汁も添えてみましょう。

おかずが質素な場合でも、味噌汁の具材が豊富になっていれば、ダイエットに必要なビタミンやミネラルも含めて余すことなく摂取できます。

 

パンを中心にして朝ごはんを作る場合でも、主菜と副菜のバランスを考えて作ることが大切です。

目玉焼きをメインにするときには、一緒にキノコやホウレンソウの炒め物を添えてみましょう。

こうすることで彩りが鮮やかになるだけでなく、食物繊維やビタミンの量も豊富になります。

 

ヨーグルト

洋食の朝ごはんには、フルーツが豊富に入っているヨーグルトも加えると、乳酸菌や水溶性食物繊維が充実したデザートになります。

 

ダイエットの朝ご飯のメニューでは、消化に優しくてカロリーも低いお粥を選ぶこともおすすめできます。

お粥にすると水分が増えた分だけカロリーが低下するのが特徴ですが、寒い朝に食べれば体がよく温まり、新陳代謝の低下を抑えるために役立ちます。

和風のお粥に対しては、あっさりとした玉子焼きを主菜として添えて、梅干しや沢庵漬けを一緒にしてみましょう。

中華粥を選んだときには、中には鶏肉や野菜も含めて加えておけば、低カロリーな完全食になります。